2019年youtubeに新ルール!サムネイルや外部リンクに対しての規制強化も!?

今までハッキリとしなかったYouTubeのルールが2019年の規約変更でかなりわかりやすくなりました
もうご存知な方もいるかと思いますが、規約の変更で沢山の有名Youtuberがチャンネル削除(BAN)になったりなどもありましたね。

今回は新しく変わった規約の中から特に大事内容をお伝えしていこうと思います

危ないイタズラやチャレンジ系動画

去年は沢山の有名なYoutuberさんが命を落としてしまいました
それが大きな原因になり

身体に重大な危害やが及ぶおそれがある事や、 または死亡につながりかねない暴力や危ない活動などのコンテンツが違反の対象です。
具体的な危ないイタズラやチャレンジ動画についてYouTube側は以下のように回答をしてくれました。

視聴者の間で人気の高い話題のチャレンジやいたずら動画が数多く存在します。

とはいえ

そうした面白いコンテンツが、一方で誰かに害を及ぼしたり
誰かを危険な目に遭わせたりするものになっていないかどうか確認するために
YouTube ではこれまでもポリシーを設定していました。

YouTube のコミュニティ ガイドラインでは
重大な被害を招くおそれのある危険な活動を助長するコンテンツを禁止しています。

このたびの変更は、危険なチャレンジやいたずらに該当する行為と
違反した場合の影響を明確にすることを目的としています。

https://support.google.com/youtube/thread/1063263?hl=ja

 

危ないイタズラやドッキリの内容が明確化された内容が以下の通りです。

・洗濯用洗剤タイドを食べるタイドポッドチャレンジ

・風呂場で上半身裸になり、アルコールをかけ、それにライターで火をつけるファイヤーチャレンジ

・自宅に強盗が入ったドッキリ

・走行中の車からの発砲や脅しのような、被害者が極度に身の危険を感じるドッキリ

・親や保護者による子どもを見捨てるフリ

 

グロテスクやアダルトすぎる過激なカスタムサムネイル画像

 

動画の内容に問題がなくても過激な物や動画と関係ないカスタムサムネイルは削除されてしまいます。
サムネイルだけが違反している場合は、動画が削除されるのではなく、サムネイルだけ削除されるみたいです。

削除されたカスタムサムネイルの代わりに 自動選択されたサムネイルに置きかわります。

1回目の違反では新たにサムネイルを設定することができるみたいですが
2回目の違反の場合は、30日間カスタムサムネイルが設定できなくなり、その間に3回違反をしたら
チャンネルがBANつまりはアカウント停止の処置が行われます。

過激な外部リンクの規制

YouTubeのガイドラインに従ってないアダルトやグロテスクのような
外部リンクを埋め込む人が対象になります

外部リンクだけが違反している場合
そのリンクだけが削除されるみたいですが、 サムネイル同様に90日以内に3回の違反を受けるとチャンネルBAN・アカウント削除になるみたいです

 

まとめ

最近は規約変更が多く、沢山の人がYoutubeは稼げないと思いこんでいますが
Youtubeビジネス歴5年の僕からすると、大きな規約変更はあまりないように感じています

今回の規約変更も、もともとはYoutubeではグレーな部分であるところ
見逃してもらっていただけの話なので、この規約が追加されたからといって
稼げなくなったとは僕は全く思えません。実際僕はこの記事を書いてる2019年2月のYoutubeの収益が100万円近くになっています。

その理由は最初からルールに従った動画を投稿し続けてきたからです

僕が行っている、顔と声を出さないYoutubeビジネスに興味がある人は
是非LINE@の登録をお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です